コンテンツSEOを強化するサテライトサイト活用術 > サテライトサイト活用 >

サテライトサイトとは?意味や目的、作り方などのまとめ

サテライトサイトとは?意味や目的、作り方などのまとめ

Pocket

サテライトサイトとは?

サテライトサイト(衛星サイト)とは、様々な集客のためにメインのサイトとは別に作成したサポート的なサイトのこと。

サテライトサイトと一言で言っても、SEOの被リンクや小規模なアクセスを集めるためのサイトから、オウンドメディアと呼ばれる大規模サイトまでさまざまなものがあります。

規模に関わらずサテライトサイトの主要な役割は大きく3つあります。

メインサイトでは集められない潜在ユーザーを集める

例えば、ライバルの商品名やサービス名といったキーワードを検索するユーザーは、自社の商品の潜在顧客と言えるでしょう。

しかしながら、メインのサービスサイト等ではなかなかそういったライバルサービスに関するテーマを扱うことは難しいため、当然、ライバルの商品名やサービス名での流入は期待できません。

そこで、ライバルの商品やサービスについての情報をまとめたサテライトサイトを作ることで、そこから、サービスサイトに誘導することで、サービスサイトではフォローできない潜在ユーザーからのアクセスを集めることが可能になります。

被リンクとしてのメインのSEO強化

現在、グーグルでのSEO対策はコンテンツの更新頻度やコンテンツの質といったサイト内部的な要素(コンテンツSEOと言われるようになってきています。)に注目が集まっています。

しかしながら、被リンク(外部最適化)については、いままでと変わらず検索順位の評価において重要な要素であることは間違いありません。

従来は、被リンクの量を求めるようなSEO対策が多くありましたが、最近は被リンクの質が非常に重要になってきていると言えます。

被リンクの質の判断は、被リンク元のサイトのクオリティや運営期間、コンテンツ量、被リンク先サイトとの関連性といったものが関係していると言われています。

サテライトサイトを作る場合、独自ドメインでサービスサイトと同じようなテーマで構築をすることが多く運用も中長期で行うことが全体のため、非常に質の高い被リンク元になるということが言えるでしょう。

リターゲティング広告のためのDB作りとして

Web広告は日々進化しており、特にターゲティング広告(ユーザーの趣味趣向に合わせて広告を配信すること)分野は非常に成長しているといわれています。

その中でも、自社のサイトを訪れたことがあるユーザーを長期的に追いかけて、広告をFBやメディア等で表示し、再訪等を促すリターゲティング広告は非常に効果があります。

そこで、サテライトサイト等を作ってライバル企業のサービス名等で集めたユーザーにリターゲティング広告を行なえば、メインサイトでは集められないユーザーに対して中長期にわたってプロモーションを行うことが可能になります

 

このように、単なる被リンクのためのサテライトサイトとしてだけでなく、競合サービスの対策や広告のDB、メディアサイトとしても活用できるのがサテライトサイトです。

すでに、ブログや専門サイトのようなサテライトサイトを所有している場合は、有効活用できる方法を考えていきたいですね。

Pocket