コンテンツSEOを強化するサテライトサイト活用術 > サテライトサイト活用 >

WordPressでサテライトサイトをメディアサイトにパワーアップさせる3ステップ

WordPressでサテライトサイトをメディアサイトにパワーアップさせる3ステップ

Pocket

サテライトサイトというと、SEOの被リンクのためのいわゆる「ペライチ」的なサイトが多くありましたが、そういったSEOの被リンクのためだけの自作自演のサイトでは評価されづらくなっています。

ユーザーがなるほど!思うようなコンテンツを増やしていくような運用を継続することで、サテライトサイトがメインのサイト以上の集客が可能になる場合があります。

そういったコンテンツ力があるサテライトサイトは、メインのサイトのサポートとしてだけでなく、メディアサイトとしての進化を考えるべきでしょう。

今回は、そんなサテライトサイトをメディアサイトに進化するまでの3つ段階について、まとめてみました。

作りたてのサテライトサイトの効果とは?

作りたてのサテライトサイトではあまりアクセスも多くなく、グーグルにインデックスされたとしても検索順位もあまり良くないはずです。

この時点でのサイトとしての効果は

メインサイトへの被リンクとしての効果 > サテライトサイトでの集客効果

と言えるでしょう。

長期運営したサテライトサイトからエースサイトを見つけよう!

いくつかのテーマでサテライトサイトを作った場合、時間がある程度たつと、ソーシャルの評価や別のサイトで紹介されるといった場合があります。

そういったSNSやネット上での評価が高まったり、特定のミドルキーワードやニッチキーワードで検索順位が10位以内に入る等で、サテライトサイト自体へのアクセス数が多くなり、

メインサイトへの被リンクとしての効果 = サテライトサイトでの集客効果

というようなエースサテライトサイトが登場してきます。

中にはメインのサイトでは100位圏外だったビックキーワードに対して、サテライトサイトが20位以内に入った例も多くあります。

この段階になるとメインのサイトの補助というよりは、独自のサイトとして高めていくことを検討していくことが必要になるでしょう。

サテライトサイトを強いメディアにするために!Wordpressを活用しよう!

サテライトサイトを独自のサイト、つまりメディアサイトとして高めるためには、

  • サイト全体のページ数、コンテンツ量を増やす
  • 一つ一つのコンテンツのボリュームを増やす
  • デザイン等を通常のブログなどよりも1ランクアップする

と言ったことが必要になります。

特にコンテンツの質と量を高めるための更新については、非常に重要ですが、HTMLで直接作成したサイトやホームページビルダーなどで作ったサイトのページを増やすとなると非常に手間がかかってしまいます。

そこで登場するのが、Wordpressです。

https://ja.wordpress.org/

WordPressは、無料で利用できるブログ型のサイト管理ツール(CMS)で、世界で最も人気のあるCMSです。

そのため、ほとんどのレンタルサーバが対応していますし、Wordpress専用のサーバといったものまであります。

しかも、プラグイン機能といって、あとからどんどん機能を追加できるため、関連記事の表示やフォーム、検索機能やソーシャルメディアとの連携など、単なるブログとしてだけでなく様々な機能を後からどんどん追加できます。

 

もちろん、すべてのサテライトサイトがメインサイトを上回る集客力を持つサイトになるわけではありません。

しかし、サイトの規模が大きくなることを前提にコンテンツを考え、サイト制作のツールの選ぶことで、サテライトサイトの効果を飛躍的に伸ばすことができると言えるでしょう。

サテライトサイト構築時には、ぜひWordpressでサテライトサイトを作るということをおすすめします!

Pocket